忍者ブログ
 気楽にドアを開けたらニュースの林…  3つのブログをまとめました(笑)


かるびが逝った翌日の朝はとても良い天気で、暖かで、まるで春のよう。
今年も桜の花が一緒に見れるかなと、いつもかるびと話していたので
私達を置いて空に駆け上がってしまったかるびに、

置いていかないでよ。とつぶやいた。




午後2時過ぎの東広島にある「動物霊園 逢の杜」から見た空。
かるびの友達のナナちゃんもここから送り出したので、
かるびにもそうさせたかった。

パパやんとママやん、2人でかるびをお空へ送り出す。




お骨になって小さくなったかるびにともだちからたくさんの花が届いた。




かるび、まるでお花畑にいるようだね。良い香りがするよ。

そしてかるびや私達にたくさんのメッセージをありがとうございました。
本当ならきちんとお礼のお返事をと思っているのですが、
心の余裕がなく、ここで書かせていただきました。
犬と暮らそうも見ていただいてたみたいで、改めて私もHPを覗くと、
若くてやんちゃな頃のかるびがいて、
あの頃は楽しかったなあ~なんて、自分のHPながら読んで笑ったりして。

たくさんのいただいたメッセージを読みながら、
がんばらなきゃと思います。ほんとにありがとうございました。

★★ ――――― ★★ ――――― ★★ ――――― ★★

時間が過ぎていくほど、悲しみと後悔と自分を責めることが強くなっていく。
もっと気をつけてやっていれば、苦しむこともなかったかも知れない。
散歩をさせすぎて体調を崩したのかも知れない。
寒い日に歩かせたからかも知れない。
身体に負担をかけさせたから、逝ってしまったのかも知れない。

私がかるびをお空に行くのをせかせたのかも知れない。

ありがとうの言葉より、ごめんねが出てくる。
かるび、ごめんね。何もわかってなかったママやんです。
最後の最後までしんどい思いをさせてごめんなさい。

私の腕の中で息をひきとったかるびの身体からの声が
今も腕の中にある。
前足をつっぱって、がんばって生きようとしてて、そして力が尽きて・・

その声が今も私の腕の中にある。

もっと、もっと傍にいて欲しかったよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご自愛ください
こんばんは

カルビちゃん青空の日に旅立ちましたね。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

昨年6月に黒ラブのアンディを15才でお空に還してからカルビちゃんやラブラドールのブログに勇気づけられ、もう一度ワンを迎える後押しをしてもらいました。

ママ&パパさん、そしてカルビちゃんありがとうございました。

アンディパパ URL 2016/02/11(Thu)21:32:06 編集
立派でした
17歳と7か月。最期まで自分の足で歩いていたかるびちゃん、ほんとうに立派でした。
かるびちゃんをここまで育ててきたパパさん、ママさんもほんとうに立派でした。
どんなに長生きしてくれても、どんな最期でも、後悔は残るもの…
それはほんとうにかけがえのないものだったことの証しなのでしょう。
愛情に溢れたお二人のもとで暮らせたかるびちゃんは幸せでしたね。
ご冥福をお祈りします。
クリクリ 2016/02/11(Thu)21:41:37 編集
同じです
カルビちゃんのブログにも以前書きましたが、同じ気持ちです。何年経っても変わらない。くうへの思い。まだ写真見られない。思い出して涙して、後悔する。私が気をつけていたらもっと長く生きられたのにって。だから気持ちは同じですよ。でもカルビは、幸せだったと思います。美味しい物食べて、いろんな所一緒に行って思い出作りができて。私が出来なかった事カルビにはしてあげれたから。みんな同じ。カルビが大好き。
丹 理佳子 2016/02/11(Thu)22:20:19 編集
驚きました
かるびちゃん、最後まで頑張りましたね、すごい、立派です。ラブ界の偉犬として蔭ながら応援していましたよ。ご両親さまの愛情あってこそと思います。
心よりご冥福をお祈りいたします。
ヴァイゼも一昨年15歳で旅立ちました。
ラハイナでカルビちゃんのボールを取り上げて遊んでいたあの頃を懐かしく思い出します。
時が過ぎ、心の悲しみが少しでも落ち着く日が来ることを祈っています。
ヴァイゼ母 2016/02/12(Fri)11:04:08 編集
カルビちゃんがんばったね
ご無沙汰をしております。メル子のままさんのFacebookで知りました。
本当に幸せな犬生を送られたと思います。
アンドリューも昨年10月30日にお空に上がりました。
今のママさんがアン君の魂と会話ができるので、今はペットロスから免れています。
最後の言葉は「幸せだったよ、2人で仲良く暮らしてね」というメッセージでした。
たぶん、カルビちゃんも同じ言葉を残したと思いますよ。
虹の橋では、若い頃の体に戻り、痛みも苦しみも無く健康に戻っているようです。
最初はママさんがひどいペットロスでしたが、アン君が心配しいつまでもお空に上がれずにいたことで、悲しむより空に上げてあげることを考えて、49日で切り替えることにしたんです。
姿が無くなったことは、残された者には本当に辛いことですが、カルビちゃんをいつまでも留めることにもなりますので、ぜひ笑顔を取り戻してくださいね。
お空に上がっても、何かあればすぐに帰ってきますよ。アン君も時々ご飯をねだって秒速で降りてきます。
お二人の大切な愛娘カルビちゃんのご冥福を、心からお祈り申し上げます。
アンドリューパパ URL 2016/02/12(Fri)21:08:04 編集
みんな
悲しくてもちゃんと送りだされてるんですね。
ヘナチョコな私は泣いてばかりです。
愛するものと暮らすようになってから、
いつかはこんな日が訪れると分かっているのに
一緒に暮らした日々があまりにも楽しくてうれしくて幸せだから
この日を気づかないふりをしてしまう。

アンディパパさん、クリクリさん、
丹さん、ヴァイゼ母さん、
アンドリューパパさん

かるびは私たちのところへ来て幸せだったのですよね?
karubi 2016/02/14(Sun)23:10:53 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています。
広島ブログ
フリーエリア
最新CM
[10/20 karubi]
[10/17 mitu]
[10/17 karubi]
[10/16 mitu]
[10/15 karubi]
[10/15 karubi]
[10/12 @こぶた]
[10/12 mitu]
[10/12 karubi]
[10/11 @こぶた]
プロフィール
HN:
karubi
HP:
性別:
女性
カウンター
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]