忍者ブログ
 気楽にドアを開けたらニュースの林…  3つのブログをまとめました(笑)


ちょっと前に行った角島でのかるび
海の上を長い長い橋が通ってて、そこを走るとまるで海の上を飛んでいるようだ。
映画「四日間の奇跡」のロケ地ともなった角島は、
青く透明な海と穏やかな風が時を紡いでいるようなところだと思う。
ただ、観光客が多くて、最近はうんざりかも・・・ 寒い冬にまた来ようかな。

かるびに肥満細胞腫が見つかってから、さて、どうするべきかと考える。
腰のあたりに出来た5センチあまりのしこりを見つけたとき、
あちこちにあるしこりとは違っていて固くて動かず、
結果、私の嫌な予感が的中した。

かるびが若ければ迷うことなく手術を受けさせるけど、
もう16歳も過ぎ、人間でいうと90歳を過ぎたかなりの高齢で、
おまけにこの悪性の腫瘍を取り除くには
再発を防ぐためにマージンを取って広範囲に切除しなくてはならない。
なので右の筋肉までをごっそり取ってしまうらしく、
術後にかるびが歩けなくなるんじゃないかと心配だった。

ただ、手術をしないと命の終わりは見えるわけで、
かるびには大変申し訳ないけど、先生に手術をお願いした。
手術に耐えられるほどの体力があり、血液検査の数値もよくて、
9月20日、午後から手術、夕方には退院しますよと言われたけど、
夕方に電話があって、点滴をしたいから夜の8時ころ迎えに来て欲しいと言われる。
・・・で、8時ころ行くと、先生が、
「この子ね、ずーーーっと寝てるんだよ。麻酔からは覚めてるんだけど。」
先生が、かるびにモシモシって声かけると、チラ見してまた寝るらしく、
今日、退院の予定だったけど、明日でもいいよって。

スタッフの方に運ばれてきたかるびは歩くことができず、
手術後の傷も驚くほど大きくて、1泊の入院をお願いすることにした。
ショックだった。ここまで広範囲だなんて。。
想像していたよりはるかに大きくて、ホッチキスで止められた傷には血がにじんでいる。

帰りの車の中で、私はかるびになんてことをしちゃったんだろうとずっと後悔する。

翌日21日の日曜日、午後3時に退院のとき、
ご飯を食べなくても大丈夫なように点滴をしたからと伝えられ、
水分もあまり飲まないと言われた。
かなりダメージがあったんだなあと、ここでも凹むが・・・
家に帰ってご飯を与えるとガツガツ食べておしっこもうんちもして、ぐ~すか寝た。
ただ、足は立つことはできるけど歩くと踏ん張ることができずに崩れてしまう。

22日の月曜日、ご飯をたくさん食べて排泄も良好、
朝はふらついていた足も、夕方には庭に脱走するほどに回復して私たちを驚かせる。
ただ、寝起きは自分では難しく、介助がまだまだ必要だ。

23日、24日と少しずつ回復し、
昨日からは自分で寝ることが少しだけどできるようになった。
なので、やっと私も夜の介護がちょっぴり楽になる。
さすがに4日間、ぶっ続けで寝ないっつーのは身体にこたえたし、
会社にも休暇をいただいて迷惑をかけてしまったので、
少しずつだけど以前と同じ生活のリズムが取り戻せそうでうれしいこの頃。
そうは言っても、手がかからなくなるのは、まだまだ先のことだけどね。

夫は夕方の病院通いで残業ができないので、朝早くに出勤して仕事を片付け、
私は病院へ行かなくていい時に、夫と交代して夜から仕事に出かけるつもりだ。
しばらく、我が家は頑張る日々が続く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
かるびちゃん
手術だったはずだけど、その後どうしたのかなぁと気になってました。

術後はやはりちょっと回復までにかかってしまったね。
でも自宅に戻ってご飯もりもり、排泄OK
庭に脱走できるほど回復とかさすがスーパーかるびちゃん!

夜中に寝ずの介護しんどいよね。
私も今回初めて2~3日だけ体験したけど
あれはきつかった。
介護するつもりでトイレシーツも箱で買ってこれから、という時にお空に行ってしまったけど。
karubiしゃんもパパやんさんもお仕事があるから、私なんかより大変だと思うけど
これから涼しくなるし、かるびちゃんもぐんぐん元気を取り戻してくれる。
頑張ってね、かるび姉さん!
karubiしゃんもパパさんもお体大切にね。
アーリー 2014/09/25(Thu)10:55:43 編集
お疲れ様です
かるびちゃん手術頑張りましたね。
入院も短く済んで良かった良かった。
やっぱり我が家はいいワンと思ってるはず!
食欲、排泄ばっちりならあとは回復を待つばかり。
わんこの力って本当にすごいなと思います。

治療方針を決めるのは辛い作業ですよね。
でも一度決めた事は、それでいいのだと思います。
何が正解で何が間違っているかなんて誰にもわからないのだから。
karubiさん、パパやんさん、仕事と介護の両立、本当に大変だと思いますが、くれぐれもお体お気をつけください。
一日も早くかるびちゃんが回復しますように!
まっハママ URL 2014/09/25(Thu)22:23:10 編集
頑張れ!!
辛くて苦しい選択だったね、、。

手術したよって聞いてびっくりしたけど
そのままにすると命がない、、って言われると
考えるよね。

でも手術を受けるだけの体力があるなんてすごい!
しかもどんどん回復してるなんて
嬉しくなるよ。

かるびちゃんの傷が一日も早く回復しますように。
看護師さん、頑張ってね
メル子のまま 2014/09/25(Thu)23:22:02 編集
アーリーしゃん
ありがとう~。さすがに介護は大変だと実感しております。
わずか数日なんだけどね。

かるびは少しずつ良くなってきて、
夜は3時間くらいまとめて寝かせてくれるよ。
これだけでもずいぶんと楽になった。
それに歩行もしっかりしてきたし、
ついて歩かなくても大丈夫になったよ。

いろいろとありがとうです。
かるびと一緒にもう少し頑張る日々を乗り切ります!!
karubi 2014/09/26(Fri)10:00:40 編集
まっハママさん
かるび、ほんとに頑張ってくれました。
先生にもよくしていただいて、
安心して手術をお願いできたんです。
ただ、私が思っていた大きさと現実がかなり違ってて、
傷口は15センチくらいだろうと思ってたら
40センチくらいありました。
それくらいマージンを取らないと再発するので仕方ないんですけど、
傷口は大きいので驚かないでくださいと先生から言われてて、
でもやっぱり驚いてしまいました。

肥満細胞腫は取れば治るガンだと思っています。
だから高齢でも治してやりたかった。
まっハママさんが言われるように、
一度決めたことはそれでいいのですよね。

介護は少しずつ楽になってきているので、
もうひと踏ん張りです。いろいろとありがとうございます。
karubi 2014/09/26(Fri)10:08:19 編集
メル子のまま
たぶん16歳を過ぎたラブの手術を決心する飼い主って
そういないと思う。。。
老後は穏やかに、そしてもう痛い目を合わせたくないと思うのが普通なんだろうなと、
悩んで悩んで手術を決めたんだ。

・・・で、なんとなくだけど、
手術前より元気になった気がする。。。
私だけが感じてるのかなあと思ってたら
ペーターもそう思うっていうから、ほんとなのかも。
手術から1週間、痛みも感じず、マイペースでうろちょろしてるかるび。
もう少し頑張るよ。ありがと~。
karubi 2014/09/26(Fri)10:13:46 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 9
11 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
ランキングに参加しています。
広島ブログ
フリーエリア
最新CM
[12/08 karubi]
[12/08 メル子のママ]
[12/07 karubi]
[12/07 アンディパパ]
[11/28 karubi]
[11/28 クリクリ]
[11/27 karubi]
[11/26 丹 理佳子]
[11/25 karubi]
[11/24 mitu]
プロフィール
HN:
karubi
HP:
性別:
女性
カウンター
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]