忍者ブログ
 気楽にドアを開けたらニュースの林…  3つのブログをまとめました(笑)
マット・デイモンが好きなので、
クリント・イーストウッド監督の映画、ヒアアフターを観に行った。
この監督の映画は、グラン・トリノも良かったし、
ミリオンダラー・ベイビーも泣いちゃったし
父親たちの星条旗や硫黄島からの手紙も、とても考えさせられるものだった。

マット・デイモンは死者と交信ができる霊能力者だったけど、
人間って不思議な能力がだれにでもあると思う。

私も時々、スーパーなどでのくじ引きで、あ、当たるかも!!と思うことがあって、
そんなときは必ず何等かの商品を引き当ててしまう。ピンときたって感じだろうか。

今日も帰ってから夕飯の用意をしながら、、、なんでだかピンときて、
流しの下を開けて鍋やボウルをひっぱりだして中を見たら水漏れをしていた。
ついさっき水漏れしはじめたみたいで、そんなに多くは濡れてなかったから
ものすごいタイミングで流しの下を開けてみたんだと思う。

これが・・・これが・・・・ この能力が・・・・・・・・・
宝くじに生かせんかなーっと思うこの頃。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
う~ん
かるびちゃんは強運の持ち主だし、
karubiちゃんの野生の勘は並はずれてるし、
1億円当ててもよさそうだよね~。
でもまず宝くじ買わなきゃだよん(^_-)
chibi-tabi 2011/02/20(Sun)22:50:24 編集
なんざんしょ
私も見に行ったけど、なんじゃこりゃ~?と。
途中出てくるチョーうざいあの女はなに?
長いシーンの割にはそれっきり出てこないし。
私はどうもすっきりしない結末の映画は合わないなぁ。
シックスセンスのようなエンタメ系霊話が好き~。
アーリー 2011/02/21(Mon)08:17:58 編集
chibi-tabiちゃん
確かに、宝くじ買わないと当たらないよね・・・

野生の勘はありそうな気がするんだけど、
昨日は修理で1万円とられたーーー。
野生じゃ払えんよ(笑)
karubi 2011/02/21(Mon)23:50:19 編集
アーリーしゃん
途中出てくる女は本を書いた人?

ここで書くとネタばれになりそうだけど、
最後のシーンって未来を感じたんじゃないかと・・・
こんなファジーな映画って不完全燃焼だけど
色んな想像ができて私は好きかも~~。
karubi 2011/02/21(Mon)23:52:27 編集
・・・・・
一回だけ言わせて

あんた

アホかぃ!!

まじ

面白い(n‘∀‘)η
azuki 2011/02/22(Tue)01:15:18 編集
違う違う
ネタバレになりそうだけど(なっとるやんけ~)

料理教室のあの女よ~!
マットの家についてきて
留守電を聞いて(途中で消さなかったマットも悪い!)
図々しく「アレして~お願い~」って
ど厚かましい女やっ!
アレとはアレではなく見た人だけがわかるアレですな(^m^)

あの女にかかわる部分、全てカット!
要らん!ぶひっ!はぁはぁ、ぜぇぜぇ。
アーリー 2011/02/22(Tue)17:24:40 編集
azu菌ちゃん
不思議なのよー。なんでだか流しの下を掃除したくなっちゃって
結局、部品を全部交換で1万円なり~~。
宝くじにピンならいいんだけど、これは痛かった。

面白い?お互い様じゃん
karubi 2011/02/22(Tue)22:02:33 編集
アーリーしゃん
あ~~~、あーあーあーーーー。
そーゆー女いたいた。私の中ですっかり消えてた。
あのシーンは確かにいらんよ。時間の無駄な気がする。
それに見てて不愉快になる女だったなあ@どんな女よ(笑)
しかし、すっきりしない映画だったね。今度はナルニアを観たいぞ。
karubi 2011/02/22(Tue)22:05:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 9 11
12 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
ランキングに参加しています。
広島ブログ
フリーエリア
最新CM
[11/15 karubi]
[11/15 丹 理佳子]
[11/09 karubi]
[11/09 karubi]
[11/08 メル子のママ]
[11/08 mitu]
[10/23 karubi]
[10/23 karubi]
[10/23 丹 理佳子]
[10/23 たま]
プロフィール
HN:
karubi
HP:
性別:
女性
カウンター
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]