忍者ブログ
 気楽にドアを開けたらニュースの林…  3つのブログをまとめました(笑)
今日は休暇を取って、実家のお墓掃除にでかけた。

墓石には、私の知らないご先祖様の名前や
大きなブランコを作ってくれた祖父の名前、
父に怒られたときにかばってくれた祖母の名前、
身体の弱かった母の名前、
怖くて優しかった父の名前が刻まれている。

お墓のまわりを歩くと、よく遊んでくれたお兄さんの名前も、
仲のよかった友達の名前もあって、
今、私がこうして生きていることが不思議でならない。

幼かったころ、私の家には毎週のようにお寺さんがきて、いつも父と碁をしていた。
何のきっかけだったかもう覚えてはいないが、
「さようならという言葉は、相手を思いやる言葉だ。」と教えてもらったことがある。
さようならは、さようであれば、そうであればという意味で
相手が決めたことであれば、それを受け入れて尊重しなくてはならない。
祖父母が自分の生涯を立派にとじたのなら、
あなたは、「それならば私は見送ってあげましょう。」と送りだしてあげなくてはならない。
たとえそれがどんなに悲しくて辛いことであっても「さようなら」と言ってあげなさい。
そんなことを、お寺さんに教えてもらった。

梅雨が明けた空は青く、そしてむせるように暑い。
墓石に刻まれた大切な名前を指でなぞると、
私はちゃんと「さようなら」が言えたのだろうかといつも心配になるのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
じーん
こんばんは。

じーんときますね。日本人の心だと思います。
個人の自由や権利ばかり唱えられている今の世。
相手を思いやる、感謝する心・・・必要ですね。

広島Blogクリック
JJ太郎 URL 2009/08/07(Fri)21:59:23 編集
JJ太郎さん
逝くものとして、何が心配かというと後に残した人たちだと思うんです。
命が終わるという苦しみを乗り越えたのなら
私もその苦しみを分かち合って送り出してあげなくてはと、
子供ながらにもそう思いました。
今までのことに感謝し、そして安心してほしいと送り出す。それが残されたものの責任だと思います。
karubi 2009/08/07(Fri)22:14:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ランキングに参加しています。
広島ブログ
フリーエリア
最新CM
[08/15 karubi]
[08/15 karubi]
[08/15 karubi]
[08/14 丹 理佳子]
[08/14 シエラ母]
[08/13 なな]
[08/12 karubi]
[08/11 chibi-tabi]
[08/10 karubi]
[08/09 mitu]
プロフィール
HN:
karubi
HP:
性別:
女性
カウンター
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]